FC2ブログ

糖尿病、糖質の摂取を減らす!

血糖値が気になる方へ【アラプラス 糖ダウン】


糖尿病予防はやっぱり、
糖質の多い食物を食べないようにすることですね!

そして、
食べた時にはしっかり運動して、糖を消費すること!


崇高クリニック(スウコウクリニック)

特定健診実施機関

所在地:加古川市野口町野口129-67
Tel:079-426-4480 Fax:079-426-4618
・院長 荒木 裕

https://www.kakogawa.hyogo.med.or.jp/medical/崇高クリニック
(※詳細は上記リンク先にてご確認ください)

◇診療曜日時間
午前9:00~12:00 (月~土)
午後13:30~15:30(土)
午後15:00~18:00(月・水・木・金)

◆診療科
内科 胃腸科 外科 整形外科

荒木裕 院長 プロフィール
1962年 京都大学医学部卒
1967年 京都大学医学部大学院卒
1968年 大阪北野病院勤務
1971年 アメリカハーバード大学付属 小児病院脳神経外科研修医
1973年 アメリカハーバード大学医学部 臨床栄養学部准教授
1976年 アメリカ国立公衆衛生研究所(NIH) 客員研究員
1977年 アメリカサウスカロライナ大学 医学部勤務医
1983年 崇高クリニック開設
2005年 日本国内で小麦ふすまを利用したパン製造方法の発明特許を取得
※著書多数

◇アクセス
①JR東加古川駅 徒歩15分、ドンキホーテ北側
②神姫バス停イオン前徒歩2分、ドンキホーテ北側

総病床数:19床 駐車場台数:8台

※健康ふすまパン(糖質99.3% OFF)
http://dr-foods-direct.shop-pro.jp/?pid=46759989

スポンサードリンク

テーマ : 糖尿病
ジャンル : 心と身体

★糖尿病が治らない本当の理由!つづき

崇高クリニック(スウコウクリニック)の

荒木 裕 院長の
糖尿病治療
は、ほんとうのことを述べている。

以下に抜粋します。前回つづきより

軽い薬を少量から始めたのがきっかけとなり、
糖尿病治療薬の量はどんどん増えていきます。

そして、
いずれインスリンの接種を迫られることになり、
注射を打たなければ生きていけない体になってしまうのです。

こうしてあなたは、病院の超優良顧客になり、
製薬会社の良き顧客となっていくのです。

そう、
薬漬けとなってしまったあなたは、
病院にとっても製薬会社にとっても
さらには
それに癒着しているであろう政治家にとっても、
お金を払ってくれる大切なお客さんとして
位置付けられるようになる。

なぜなら、
正しい糖尿病治療が始まり、
薬も インスリンも必要なくなってしまうと、

病院も製薬会社も儲からなくなってしまうからです。
もちろん、それに癒着している政治家も困ることになるでしょう。

なかなか血糖値が下がらない…、

ヘモグロビンA1cの数値が改善しない…、
と悩んでいる糖尿病患者さんは、
本当にたくさんいらっしゃいます。


病院の糖尿病治療が間違っているわけですから、

その悩みはなかなか解決しません。
「糖質の摂取」と いう点に関して、

いずれも一切言及されていないからです。

【荒木式】食事法の肝の部分になる、

“血糖値のコントロールの仕方”

世の中には、糖尿病を含めたあらゆる成人病や
ガンなどの病気がほとんどない民族がいます。

想像がつくでしょうか?

実は、
その民族とは、氷の世界に生きるエスキモーであったり、
アフリカのサバンナに生きるマサイ族なんです。

そして、彼らの食文化には驚くべき共通点があります。
その共通点が何かというと、実は、彼らは、

たんぱく質中心の食生活で
“「糖質」をほとんど摂取していない”
という点なんです。

エスキモーの主食は、アザラシなどの動物です。
マサイ族も、同じく、狩りをして動物を食べます。

血糖値とは、
血液中のブドウ糖の濃度のことでした。

ブドウ糖は、摂取した糖質から作られます。
ということは、
糖質を摂取しなければ、
血液中のブドウ糖の濃度は上がらないということです。

現に、
糖質をほとんど摂取しないエスキモーやマサイ族は
糖尿病になりません。

分りやすいもので言えば、
お菓子やチョコレートなどの甘いものには
もちろん糖質が含まれています。

しかし、甘いもの以外でも、

例えば、ごはんや麺類は炭水化物と言われますが、
炭水化物は「糖質」と「食物繊維」から 出来ているので、
それらを摂取するということは、
糖質を摂取するということになります。

その他にも、糖尿病の人が気を付けなければならない
糖質を含んだ食べ物や飲み物がたくさんあります。

それらの糖尿病患者が決して摂取してはいけないものについて、
あなたにもっと細かくお話しする必要があります。

■大豆加工食品を食べる時の注意点とは?

大豆加工食品は、糖尿病患者さんにとって安心な食べ物です。
しかし、一歩間違えると非常に危険な食べ物にもなります。
大豆加工食品に関する注意点についてお話します。

■コーヒーや抹茶がNGな理由とは?
実は、
コーヒーや抹茶は糖尿病患者さんにとっては良くない飲みのです。
なぜ、良くないのか?
また、飲んでも良い飲み物とは?

■野菜ジュースが糖尿病を悪くする理由とは?
一般的に野菜ジュースは健康な飲み物と理解されています。
しかし、
糖尿病患者さんは絶対に飲んではいけません。
すごく大切なことなので、その根拠を必ず知ってください。

■【荒木式】食事法ではたんぱく質を多く摂取しますが・・・
たんぱく質でも注意しなくてはならない食品とは?
美味しいと感じる食品が、
実は、非常に危険な食べ物である場合があります。

■糖尿病でも摂取して良い野菜とは?

この食事法では野菜の摂取に注意が必要です。

少量なら食べても良い野菜についてお話します。

■発芽玄米がNGな理由とは?

なぜ発芽玄米は糖尿病患者さんにとって危険なのか?

発芽玄米は、糖尿病患者にやさしいなどと言われますが、

それが根本的に間違っている。

更に具体的な内容は、

崇高クリニック(スウコウクリニック)の

荒木 裕 院長の
糖尿病治療
のサイトを訪問してみてください。

あの、
ふすまパンの特許を取られた
荒木 裕 院長 のサイトです。

ネット検索、
あるいは、
ふすまパンの画像からも行かれます。
スポンサードリンク

テーマ : 糖尿病
ジャンル : 心と身体

最新記事
◆病院案内
Sponsored Links
◆健康と病気
血糖値測定器
最新トラックバック
最新コメント
安全に改善
RSSリンクの表示
QRコード
QR